不動産投資信託に注目する!~安定上昇で気分も上々~

ビルの模型

物価上昇にも強い

アパート

インフレリスクの備えとしても、マンション経営は有用です。物価が上昇しても、それに伴って賃料や不動産価額も上昇するので、価値が相対的に下落しにくいためです。一方でマンション経営にはリスクがあるので、その点を知った上で個別に対策を行います。

詳細を確認する...

有益な情報を得るために

セミナー

マンション投資の注意点は予約期日と定員に注意することです。参加したいマンション投資セミナーがあっても、予約や定員によっては参加できない場合も出てきます。また、知っておくと良い情報としては無料のセミナーもあるということです。

詳細を確認する...

少しずつ買っていこう

グラフ

安定収入を見込めます

毎年、安定した収入を着実に積み上げていきたいと考えているのであれば、上場不動産投資信託を資産運用に組み入れましょう。現在では、上場不動産投資信託の平均分配金利回りは3%から4%となっています。預貯金や国債よりもはるかに高く、株式のように突然無配当になるようなことはありません。上場不動産投資信託の分配金の原資は家賃収入です。しかも、どの銘柄も数多くの収益物件を持っているため、一部が空室になっても直ちに赤字になるようなことはないのです。最近ではオフィス賃料が上昇傾向にあるため、オフィス系の上場不動産投資信託は分配金の増加が期待できます。今は3%から4%の分配金利回りでも、投資口価格が変わらなければ、将来はさらに分配金利回りが上昇する可能性があります。

継続して買おう

もしも、上場不動産投資信託に投資をしようと考えているのであれば、時期をあけて少しずつ投資をしていきましょう。上場不動産投資信託の投資口価格は不動産価格と相関関係が高くなっています。不動産価格は一本調子で上がることはありませんから、上場不動産投資信託の投資口価格もいずれ下がるときが来ます。取得価格を平準化するためにも、時期をずらしておけば、高値掴みを避けることができます。また、継続的に購入するという意識があれば、安い時は買い時と考えられるようになります。上場不動産投資信託の投資口価格は、数十万円程度であり、実物不動産に比べればかなり手頃です。上場不動産投資信託の各銘柄も買いやすい価格を意識しており、投資口価格が上昇してくると投資口を分割するケースが見られます。

リスクを見極め安定収支

マンション

安定した賃料収入がマンションを貸すことで可能です。しかしリスクも存在するので注意とその対策が必要です。また近年はマンション経営が人気となっている理由に、年金不信から来る自己年金対策として広まりつつある事情が挙げられます。

詳細を確認する...