不動産投資信託に注目する!~安定上昇で気分も上々~

不動産イメージ

リスクを見極め安定収支

マンション

入居者が不足にも備える

収益物件を購入したり、あるいはリロケーションといった形でマンションを貸すことで、安定した賃料収入が望めます。長期の入居者ならば、数年先まで収支を予測できるのも魅力的です。しかし賃貸経営でマンションを貸すことにはリスクもあるので注意が必要です。リスクの一例を挙げると、途中で入居者がより良い条件の他のマンションに移ってしまうことです。近くに新しいマンションが建ったり、あるいは便利な交通機関が開設されて、人口が流出するといった理由で入居者が集まらない恐れもあります。また火災や震災、台風といった災害もリスクの1つです。発生確率は小さいですが、マンションを貸す上でのリスクと認識した上で、そのリスク対策を行っていく必要があります。

老後の貯蓄として有用

比較的低額から行える資産運用としてマンションを貸す、いわゆる賃貸経営は人気の投資となっています。人気の理由は低額から始められる以外にも、老後のための貯蓄を作る上でも有用な点も見逃せません。現在の年金制度は崩壊の危機に瀕しており、受給資格が引き上げられるなどますます近年は年金に対して不信感が高まっています。そこで自己年金としてマンションを貸す不動産運用を行うことで貯蓄を増やしていく人が増えつつあります。マンション経営ならば、入居者が見つかれば長期に渡っての継続した収入が毎月得られます。賃料収入はその性質上インフレにも強い性格があります。そのため先行きが不安定な社会においても、将来の収入が確保しやすいのもマンション経営で老後資金貯蓄を行う人が増えている理由です。